IR情報

投資家の皆様へ

ご挨拶

IR情報

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

 2018年3月期の業績は、デバイス事業、ソリューション事業ともに期首に掲げた施策の実行に鋭意注力するとともに、為替や在庫リスクの管理の徹底、オペレーションの効率化にも取り組んだことから、利益面では前期に比べ大きく改善することができました。
 現在、当社グループでは当社第70期(2021年3月期)を最終年度としたV70中期経営計画(V70)を実行中であり、既に2年が経過いたしました。今後も事業環境は厳しさを増すものと予想されますが、取り得るべき手段を講じ、当社グループ一丸となってV70の定量目標である「自己資本当期純利益率(ROE)5%」「経常利益30億円」の達成に挑む所存です。

                                        株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援・ご鞭撻を賜りますよう
                                     お願い申し上げます。

                                   代表取締役 社長執行役員(COO) 鈴木 俊郎

業績ハイライト・今期業績見通し

業績ハイライト(2018年3月期)

 当連結会計年度における世界経済は、米国や欧州の政策動向や地政学的リスクに対する懸念が残りながらも、先進国を中心に総じて回復基調で推移しました。また我が国経済につきましても、政府による経済政策や日銀による金融緩和政策の継続等を背景に緩やかな回復が続きました。当社グループの事業領域であるエレクトロニクス業界におきましては、自動車の先進運転支援システムやIoT(Internet of Things)、M2M(Machine to Machine)等に関連した市場の成長が続きました。また、国内IT業界におきましては、クラウドやビッグデータ、セキュリティ関連をはじめIT投資が堅調に推移しました。
 このようななか、当社グループはV70中期経営計画の達成に向け、デバイス事業では市場成長が見込める分野へのリソース集中と高収益ビジネスの売上比率向上を軸とした事業ポートフォリオ改革に努めるとともに、既存ビジネスの収益性改善についても売上高総利益率の向上や為替及び在庫リスク管理の徹底、オペレーションの効率化等を通じて取り組みました。また、ソリューション事業では既存ビジネスの拡販に注力するとともに、クラウドサービスのメニュー拡充やビジネス・ユニット間のシナジー創出等、中長期的な成長に向けた収益基盤の構築にも努めました。この結果、当期の連結業績は、売上高は1,572億57百万円(前期比6.2%減)、営業利益は17億63百万円(前期比119.3%増)、経常利益は17億87百万円(前期は9億52百万円の経常損失)となりました。一方で、希望退職の実施に伴う特別退職金(2億29百万円)や投資有価証券評価損(4億67百万円)を特別損失として計上したことから、親会社株主に帰属する当期純利益は9億47百万円(前期は15億75百万円の親会社株主に帰属する当期純損失)となりました。

決算年月 2014年
3月期
2015年
3月期
2016年
3月期
2017年
3月期
2018年
3月期
売上高 (百万円) 192,240 219,091 199,075 167,654 157,257
経常利益 (百万円) 2,658 3,117 1,500 △952 1,763
親会社株主に帰属する当期純利益 (百万円) 1,806 2,003 977 △1,575 947
純資産額 (百万円) 62,255 65,619 63,385 61,537 61,787
総資産額 (百万円) 93,522 101,672 95,580 94,144 93,972
1株当たり純資産額 (円) 2,209.24 2,328.64 2,249.40 2,183.84 2,191.19
1株当たり当期純利益 (円) 63.78 71.11 34.70 △55.90 33.62
自己資本比率 (%) 66.6 64.5 66.3 65.4 65.7
自己資本利益率(ROE) (%) 3.0 3.1 1.5 1.5
株価収益率(PER) (倍) 10.8 14.0 25.6 64.8
1株あたり配当金(年間) (円) 20 40 40 25 33
配当性向 (%) 31.4 56.3 115.3 98.2
  ※△は損失を表します。
2019年3月期業績見通し

現在の広報数値は以下の通りです。

売上高 166,000百万円(前期比5.6%増)
経常利益 1,900百万円(前期比6.3%増)
親会社株主に帰属する当期純利益 1,350百万円(前期比42.5%増)

数値は2018年5月14日発表の数値です。詳細につきましては下記資料をご覧ください。