不正接続検知、防止

概要

ビジネス、コンシューマーを問わない幅広いコンピューティングの普及により、昨今コンピュータウイルス被害、持込PCによるデータ漏洩等の被害件数、損害額が年々増加傾向です。

このような時代背景により、ネットワークセキュリティ対策は、ますます重要性が高まっており、企業システムにおける安全なインフラ環境を維持する不正接続防止・検知システムの選択肢は、業種・規模を問わないスタンダードな選択肢となりました。

 

ただし、対応製品導入やネットワークインフラの再設計による高コストなシステムとなり、結果的に多大な投資を必要とする為、システム導入を見送るケースが散見されます。

三信電気では、これまで培った構築実績のノウハウでシンプルかつ高品質・信頼性を享受する不正接続防止・検知システム環境をご提供致します。

事例紹介

A社では、スイッチ連携型の不正接続防止・検知システムの導入より、高セキュアなインフラストラクチャを全社統一基盤として導入しました。

セキュリティリスクを低減すると同時に管理・監視サーバーによる運用管理の効率化によるTCO削減と、拠点追加の拡張性も考慮した構成としております。

 sec connect

 

 

info2