セントレックス

本社やデータセンターにIPテレフォニーサーバーを設置することで、従来のPBX機能をはじめとする豊富なサービスを全国の拠点に提供することができます。
三信電気では、これまで多くのIPテレフォニーサーバーや従来型PBX、企業内音声ネットワーク環境の構築を手がけてきており、実績に基づいた信頼性のある企業内コミュニケーション環境をご提供致します。

概要

セントレックスとは、センター管理のIPテレフォニーサーバーから、IPネットワーク経由でPBX機能を提供する考え方です。様々な通信事業者が提供するIP電話回線やFMCサービス、NEC UNIVERGE関連ソリューションと連携することで、通信費用・維持管理費用などトータルでのコスト削減が期待でき、ワークスタイルの革新に貢献します。

また、これら企業内コミュニケーション環境のご提案・設計・構築だけではなく、運用開始後のサポートを含め、一括したサービスをご提供致します。

事例紹介

A社では拠点運用に応じて、セントレックスと従来型PBXを組み合わせる事で、ユーザ利便性の向上と、拠点間の内線通話に社内ネットワークを活用し、通信コスト削減を実現。

既存のPBXも併用した構成となるため、従来どおりの運用を行う拠点には追加でコストが費用となることはない。

営業所・オフィスにはPBXを置かず、データセンターにIPテレフォニーサーバーを設置することで、PBX本体の追加コストをかけず、社内ネットワークの拡張を実現可能。

事例

 

 

info2