Capella Systems

Cambria FTC

Cambria FTCは、4Kコンテンツ配信・ブロードキャスト・モバイルなど、さまざまな用途に適した高画質ファイルコンバートシステムです。ビデオ圧縮フォーマットの変換だけでなく、解像度やフレームレートの変換、ロゴ挿入や音声レベル調整等のビデオ/オーディオ処理機能も搭載しています。
>>>Cambria FTCカタログダウンロード

特長

各種入出力フォーマットに対応

Cambria FTCは、H.264、MPEG2、DVCPRO HD、Windows Mediaのファイル入出力や、MXF、MP4、TSファイル、FLVなどのコンテナにラップする事が可能です。また、フォーマット変換だけでなく、フ レームサイズ変換、NTSC/PAL変換アスペクト変換などにも対応し、ひとつの素材から複数の目的とするファイルへの変換が可能です。ファイルの読み込 みは、SONY XDCAMやPanasonic P2などのテープレスフォーマット、HDVやMP4、Apple のProRes 422、DVCPRO HDのMOVにも対応しています。

最新のバージョンでは、4Kコンテンツ配信のニーズに応えたSONY XAVC、DPX入力、HEVC(H.265)出力に対応したほか、Smooth Streaming、MPEG DASH出力にいち早く対応しました。

オプション

高品質なHEVC(H.265)、H.264、MPEG2エンコーダ

HEVC(H.265)とH.264に採用されているエンコードエンジンは、動きが激しくエンコードが難しいとされる素材でも画質を維持したまま高品質なコンテンツ制作が可能です。
また、H.264用のオプションとして、処理速度が速く低ビットレートを得意とするX264エンコードエンジンも用意しています。MPEG2エンコードでは、4:2:0だけでなく4:2:2フォーマットにも対応し、オプションにて2Passエンコードも可能です。

パススルー機能 (コンテナ変換)

ファイルフォーマット変換時、映像コーデックはそのままでコンテナのみ入替えることができます。再エンコード不要のため、画質を損なわずに高速な変換が可能です。また、指定した音声ファイルとのマルチプレクサも可能です。

ビデオフィルタ、オーディオフィルタを搭載

ロゴ挿入、タイトル挿入、自動クロップ、開始タイムコードの上書き・焼き込みフィルタ、ノイズ除去、音声レベル調整、音声コンプレッサーなどビデオ/オーディオ処理フィルタを用意しています。また、コンテンツ内のカラーバーとブラックセグメントを自動検出し、除去する自動フォーマット編集機能を搭載しています。

アクトビラ ビデオ・フル、アクトビラ ビデオに対応

Watch Folder機能

自動並列処理が可能なエンコード分散処理システム

「Cambria Cluster」/「Cambria Cluster Cloud」
管理ソフトウェア「Cambria Cluster Manager」によって、複数のエンコードジョブをネットワーク内の複数の「Cambria FTC」に割り当て、分散並列処理を行います。この環境をクラウドサーバに構築し、「Cambria Cluster Cloud」として運用する事が可能です。

ワークフロー

ワークフロー

インターネットライブ配信に特化したエンコードシステム

Cambria Liveは、入力された映像信号をさまざまなストリーミングサーバ(Adobe Flash Media Server、YouTube Live、Ustream Server、Wowza Media Server等)にライブ伝送できる高画質ライブエンコードシステムです。
HD/SD-SDI、 HDMIからの入力を、高品質なエンコードエンジンによって、配信に適したH.264へダイレクトに変換することで、高画質配信を実現します。
>>>Cambria Liveカタログダウンロード

特長

高品質なH.264エンコード技術

Cambria Liveは、WEB、モバイル配信向けの画質に定評のあるエンコードエンジンを搭載し、画質を維持したまま、ライブ配信に適した低ビットレートの映像にエ ンコードすることができます。通常、動きが激しく破綻しがちな映像でも、画質を保ちながら高圧縮が可能です。また、システムに負荷をかけることなく安定し た動作を実現します。

ライブ配信に便利な機能を搭載

ラ イブ配信中に映像の輝度、コントラスト、ガンマ補正、クロップ、音声レベル、リップシンク遅延などのリアルタイム処理が可能です。テキストやロゴのリアル タイム挿入、アルファチャネルが付いた静止画の読み込みも行えます。また、配信中にリンク先の情報をTwitterに自動で投稿する機能を備えています

複数のストリーム配信をコントロール

単 一のストリーム配信だけではなく、複数のターゲットへのストリーム配信や、任意のストリームの配信停止/再開が可能です。また、配信設定を変更し、再開す ることもできます。これにより、ネットワーク帯域が低下した際には特定のストリーム配信を停止し、安定したライブ配信を持続することが可能です。

ダイジェストクリップ作成機能

ライブ配信中にIN/OUT点を設定すると、そのタイムコード情報をもとに、同一ネットワーク上に設置したCambria FTCを使用してエンコードを行い、即座にダイジェストクリップを作成できます。ダイジェストクリップは、Cambria Liveの素材リストに登録され、本放送終了後、自動で再配信することが可能です

ワークフロー

ワークフロー

Cambria Live Broadcast

Cambria Live Broadcastは、Cambria Liveをベースに、放送局 / ケーブルテレビ局でのインターネット番組配信用途に特化させたシステムです。

特長

タイムアクション機能

設定した時間にクリップの切り替えや、ロゴやテロップの挿入を行うタイムアクション機能を備えています。CMの切り替えや提供テロップの表示の自動制御が可能になります。

APCからの制御に対応

Cambria Live Broadcastは、長時間の配信でも安定した運用が行える信頼性の高いシステムです。アプリケーションの高い安定性に加え、ネットワーク回線既設のマ スター設備の接点信号(メイク/ブレイク)を利用した配信の切り替えが可能になります。ライブ放送とCMの切り替えや、オンエア放送のCM部分を別のCM へ差し替えるなどの操作がほぼ遅延なく自動で行えます。また、CM挿入を制御するSCTE-35、SCTE-104規格の信号入力対応しています。

スケジュール登録による自動配信

「Cambria Live Scheduler」を使用することで、複数の番組を登録し、指定した配信開始時間、配信終了時間に合わせて自動配信することができます。プリロール機能により、番組の開始時間前に指定した素材クリップの自動配信も可能です。
また、各番組に、あらかじめ作成したプロジェクトファイルを設定することで、用途に応じたさまざまな配信フォーマットでの自動配信が可能です。

ワークフロー

ワークフロー

制限なく、任意のメディア解像度であらゆるジョブを処理

ソリューション営業本部 映像システム営業部 03-5484-7270