新着情報

 第40回 新春セミナーのご案内

 近年、政府が取組みを進めている働き方改革をキーワードに、現在全国で行われている取り組みや活用について事例を交え、ご紹介致します。

貴社の取り組みの一助となる講演をご用意しておりますので、是非ご参加ください。

 

           【満員御礼】申し込み人数が定員に達しましたので、締め切らせていただきます

第一部 掛け声だけで終わらない『働き方改革』~現場意識から学ぶ実態 

ネクストリード株式会社 代表取締役
日本テレワーク協会 客員研究員
小国 幸司 氏

ビジネスシーンでブームとなり、ぼんやりしがちな言葉だけの『働き方改革』に飽きた方に、 実際の
現場意識、課題や簡単な背景を俯瞰的に整理しながらその勘どころとなる活動のポイントをご紹介します。

 

第二部 IoTで変わるものづくり現場

株式会社エクス
代表取締役社長
抱 厚志 氏

現在、IoTは多様な分野へ拡がりを見せており、製造工程の効率化や製造実績や品質データの分析など様々な局面で実用化され、それに伴いIndustry4.0などの新しいものづくり経営のコンセプトが注目されています。

 

第三部 AIと働く~最先端AIが変える仕事の未来~

日本電気株式会社
AI・アナリティクス事業開発本部
シニアエキスパート 本橋 洋介 氏

NECの最先端技術群「NEC the WISE」の全体像と、代表的な技術の特徴とビジネスでの応用事例を
紹介します。

 

注)各講演内容は変更となる場合があります。予めご了承ください。

 

【開催日時】 2018年1月25日(木) 14:00~17:00(受付13:30~)
【開催場所】 ホテル雅叙園東京 2階 華しらべの間
東京都目黒区下目黒1-8-1
【主催】 三信電気株式会社
【協賛】 株式会社エクス 日本電気株式会社
【定員】 80名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
【費用】 無料(事前登録制)

 

         【満員御礼】申し込み人数が定員に達しましたので、締め切らせていただきます

 【地図】

「鎌倉てらこや」建長寺合宿をYouTubeにライブ配信

~子どもたちの成果発表イベントを保護者が自宅や帰宅時の電車の中から閲覧~

2017年8月30日(水)

三信電気株式会社

 

NPO法人鎌倉てらこや(本部神奈川県鎌倉市、理事長 上江洲慎)は8月6日(日)から9日(水)までの4日間、鎌倉市の建長寺において小中学生100名が参加する合宿イベント「本気de建長寺」(通称「建長寺合宿」)を開催、企画運営を行う大学生ボランティアを含めると総勢300人規模の大規模な夏のイベントとなった。
 このイベントは15年にわたり実施しており、今年は、坐禅や法灯会(ほうとうえ)、研修料理といったお寺ならではの体験に加え、子どもたちが少人数の班に分かれ発表を行う「てらこや仮装大賞」を開催、熱い夏を体験した。

solo zirei1

 「てらこや仮装大賞」は平日の夕方に開催されるため保護者が観覧するには時間が合わないという問題があった。
そのため、今年度は「てらこや仮装大賞」の様子を、イスラエルLiveU社の「LiveU Solo」を使用して、YouTubeでライブ配信するという試みが行われた。YouTubeへのライブ配信は、プライバシー保護のため、「限定配信」モードを使用し不特定の視聴者が見ることがないように配慮し、約3時間にわたり1080x1920のフルハイビジョンで安定した中継を行うことができた。
配信された子どもたちの映像は、会社帰りの保護者にはスマホで、自宅の家族にはPCやタブレットで、と多様な方法で閲覧され、身近なイベントにライブ中継が活用される時代の訪れを感じさせた。
※LiveU Soloは2本のLTE携帯回線を束ねて通信帯域を確保することで高画質で安定し た配信ができるインターネット
 中継専用の映像配信装置。有線LANが確保できない屋外でも使用可能

<詳細はこちら LiveU_Solo紹介ページ>

LiveU solo

solo zirei2

 

 

LiveU Solo利用イメージ

solo zirei image

 

 

「今年の建長寺合宿では、子どもたちのアイディアと汗の結晶である成果発表を、てらこやに関わるより多くの皆さんにリアルタイムに体験していただきたかった。今回は縁があってLiveU Soloを使ったライブ中継の機会を得たので、予想を上回る数の皆さんに子どもたちの活き活きとした姿を伝えることができた。子どもたちの家族をはじめ、てらこやの関係者や過去にボランティア学生として参加したOBやOGも閲覧しており、熱い時間をより多くの方々と共有できたことをうれしく感じている。LiveU SoloによってYouTube上で子供たちの顔がわかるほど高画質な中継が行えたことには私たちも感心した。子どもたちからもライブ配信を見たお父さんお母さんと合宿の話で盛り上がったと喜んでもらえた。」(NPO法人鎌倉てらこや 理事長 上江洲 慎氏)

 

【NPO法人 鎌倉てらこや】

神奈川県鎌倉市を拠点とし、2003年より「複眼の教育」を掲げ”親が育ち、子が育つそんな地域をつくろう”を合言葉に、 家庭・学校・地域をつなぐ<学び>と<遊び>の場を、ボランティアスタッフと共につくってきたNPO法人。

(NPO法人化は2007年)

地域の大学生や有志が中心となってさまざまな教育プログラムを企画・実施する独自の活動スタイルが注目され、現在では全国40以上の地域で「てらこや」が誕生している。

2016年度『地球倫理推進賞』『文部科学大臣賞』受賞

(一般社団法人 倫理研究所主催)

※詳細はNPO法人鎌倉てらこや事務局まで。

鎌倉てらこやWebサイト 

http://kamakura-terakoya.net/ 電話:0467-84-9746

solo zirei3

 

 

【LiveU Ltd.】

2006年設立。本社:イスラエル。 LiveUはテレビ、モバイル、ソーシャルメディアなどへのストリーミングソリューションを通じてライブ中継に革新をもたらしている放送用映像機器メーカー。携帯回線を含むIP回線を複数利用して帯域を確保するボンディング・テクノロジーと特許申請中のライブビデオ配信テクノロジーは定評がある。

※詳細は日本代理店の三信電気映像システム営業部 LiveUマーケティングチームまで。

LiveU Webサイト http://www.sanshin.co.jp/business/solution/vd/liveu.html

電話:03-5484-7270

 

 

TOKYO MX 都議選の中継番組で複数のLiveUを活用

2017年8月30日(水)

三信電気株式会社

 

東京メトロポリタンテレビジョン株式会社(TOKYO MX)は、7月2日(日)に行われた都議会議員選挙の開票特番「選挙CROSS」において、高画質ライブ配信システム「LiveU」を利用し各開票センターや選挙事務所と中継を結び、リアルタイムに選挙の行方を追った。 LiveUは複数の携帯回線を束ねる(ボンディングする)ことで広帯域を確保しFull HDの映像を安定してリアルタイム配信することができる。選挙のように複数箇所からの配信が必要な場合、中継車や専用線の手配が不要なうえ、軽量なためカメラマンがLiveUを装備すれば一人で中継することができる。

 今回の中継では送信側に8本の携帯回線が使用可能な1.68kg(バッテリー含む)のLU500を2台と、4本の携帯回線が使用可能なLU200を4台の計6台のLiveU送信機が各開票センターや選挙事務所の中継に利用された。

 受信側は同社のLU2000サーバーを使用、6箇所からの配信をベースバンドに変換し生放送で使用した。

 「今回の都議選は国政にも大きな影響を与えると見られており、東京だけではなく全国から注目を集めていた。選挙の様子をできるだけ迅速に多面的に中継することで客観性の高い報道を行うことが当社の使命であり、LiveUの高い機動性は今回のように複数箇所を中継で結ぶには最適だった。携帯回線を利用する中継機器はいくつかあるが、日本の報道において最も実績が高く信頼できることからLiveUを選択した。」(TOKYO MX都議選報道チーム)

 

 

LiveU news

LU200 00

 

 

 

LU500について>

URLhttps://www.sanshin.co.jp/business/solution/vd/liveu/313-lu500.html

LU200について>

URLhttps://www.sanshin.co.jp/business/solution/vd/liveu/315-lu200.html

 

 

SAP Business Oneページを開設しました。            

SAP Business Oneページを開設しました。

こちら〉より移動します。

 

TimePro-NX用ホスティング基盤の紹介ページを開設いたしました。

TimePro-NXホスティングサービス構築ページを開設しました。

 

こちら〉より移動します。

ソリューション営業本部 映像システム営業部 03-5484-7270