LU600

LU600は、中継・取材、ライブ・スポーツに最適な小型軽量の高画質モバイル中継装置です。HEVCに対応し、HD/SDから4K60pまで伝送可能な送信機です。LU600は高速起動、高品質な素材伝送、高速ファイル伝送、低遅延を可能にします。5インチ液晶を搭載し操作性も向上、現場からの送信機操作、LU-Centralからの操作に対応。内蔵バッテリを標準装備し、Vマウントカメラバッテリにも対応しています。

  • 送信機から送信された映像・音声データは、LU4000(4K)/LU2000(HD)サーバで直接受信します。
  • 受信機はSDI出力を持つほか、インターネットのストリーム配信にも対応します。
  • LU-Centralからは送信、受信機の制御、通信状況のモニタリングを行うことが可能です。
  • Webベースでの制御のため、インターネット環境に接続できるPCから操作が可能です。

LU600カタログダウンロード

特徴

可搬性に優れています
  • 送信機が小型で軽量なので移動が簡単です、一人でも取材・ライブ中継ができます。
  • 専用バッグを使用すれば、簡単に持ち歩き取材ができます。
  • 中継車、駐車スペースの制限を受けません。
  • 携帯電話が使用できる場所であればどこでも利用可能です。
こんなシーンでご使用いただけます
  • ENG
  • ニュース速報、中継
  • スポーツ中継
  • 事故、災害現場からの中継
  • インターネット配信(Ustream等)
  • セミナー、展示会、イベントの中継
  • 天気予報
  • 交通情報
  • 移動中継(マラソン、バイク、自動車、列車、ヘリコプタ、船等)
簡単操作
  • 送信機で行うtouchパネル式の簡単操作
  • 受信サーバ側からも全ての設定変更が可能
  • 携帯回線を利用するため、陸上技術士免許等は不要
  • 電源オンで配信ボタンを押すだけ簡単操作

主要機能

高速起動
  • 電源投入後、約30秒で起動し中継が可能です。
高画質伝送
  • 最大ビットレート20Mbps迄対応。
双方向制御
  • LU600側からの操作、受信サーバ側(LU-Central経由)からのリモート制御・管理が可能です。
LU-Central(Webブラウザ制御)
  • 受信サーバ側で操作をしなくても、インターネットに接続できるパソコン、タブレット等でLU-Centralページへアクセスすることで、リモート制御・管理が可能です。
オートマチックレゾリューション
  • 回線状況に応じて自動で解像度変更及び、フレームレート調整を行います
大容量内蔵バッテリー
  • LU600の内蔵バッテリーで、約4時間の中継が可能です
ファイル伝送機能
  • 簡単なタッチパネル操作でファイルを送ることができます。
  • USBメモリーや、外付けハードディスクを接続し、FTP機能によりファイルが送れます。
  • MicroSDスロットも付属しているので、デジカメや、スマートフォンで取った写真も簡単に送ることができます。
4K60p対応
  • 4K-HDMIモデルは、HDMI入力のみ対応しております。
  • 4K-SDIモデルは、12G-SDI / 3G-SDI×4入力に対応しております。
低遅延対応
  • 遅延時間が0.6秒から20秒まで変更可能です。
複数の入力インターフェースに対応
  • BNC、HDMI ※4K-SDIモデル
  • HD-BNC(12G-SDI / 3G-SDI×4) ※4K-HDMIモデル
簡単操作
  • タッチパネル操作による簡単操作に対応。
モバイル回線以外にも対応
  • BGAN、有線LAN対応(最大2回線)
S&F蓄積伝送(16GB内蔵メモリー)
  • 送信機側に録画(映像ファイルを作成)する機能があり、通信状況が悪い場所から時間を掛けて事務所へ映像ファイルとして送信ができます。
  • 受信したファイルは、ベースバンド信号として出力する事ができ、ノンリニア編集機で直接ファイルを読込み編集をすることも可能です。
デュアルエンコード(Live & Store)
  • ライブ中継を行いながら、同時に高画質で録画を行うことができます。
  • 回線状況が悪い場所からライブ中継を行った場合でも、同時に高画質で録画されており、後から高画質な映像データとして伝送可能です。
LTE USB通信モジュール
  • docomo、au、Softbankに対応したLTE USB通信モジュールを使用。
    ※SIM契約のみで使用可能です。
  • 技適取得済みのため、日本国内で使用できます。
    ※契約プランに関しましては当社営業までご確認ください。
映像送り返し機能 VideoIFB(オプション)
  • 送り返し専用サーバより、LU600送信機へ映像・音声を送れます。
アクセスポイント機能 DataBridge(オプション)
  • 送信機の回線を使用して、PCやスマホをネット接続することが可能です。
IFB音声送り返し機能(オプション)
  • 音声ユニットを受信サーバへ接続すれば、送信機へ音声を送れます。
マルチポイント、インターポイント機能(オプション)
  • 支局で受けた映像を基幹局等、複数のサーバへ再送する機能です。
カメラバッテリー対応(オプション)
  • Vマウントバッテリーアダプターを使用することで対応可能です。

接続イメージ

基本構成パック

  • モバイルユニット本体
  • ソフトウェアライセンス(送信機、受信用側)
  • LU600専用バッテリー(約4時間使用可能)
  • ACアダプター
  • LU600専用バッグ
  • ユーザマニュアル(データで提供)
  • 試供品ケーブル一式
  • Vマウントバッテリーアダプタープレート
  • LTE USB通信モジュール(8本)
  • 受信用サーバPC(HP Z440相当)
    ※受信用サーバPCにはモニター及び、ラックマウントキットは含まれません。
    ※通信端末、通信料は含まれません。

オプション製品

LU600専用バック
交換用バックです
LU600専用バッテリー
交換用LU600専用バッテリーです
約4時間使用することができます
4K-SDIボード
12G-SDI / 3G-SDI×4入力を行うためのボードです
LU600用ACアダプタ
交換用ACアダプタです
Vマウントバッテリーアダプタープレート
Vマウントタイプのカメラバッテリーを使用する際に使います
2チャンネル同時出力ボード ※2
1台のサーバで送信機を2台同時に受信する際のオプションです
4チャンネル同時出力ボード ※2
1台のサーバで送信機を4台同時に受信する際のオプションです

※2 今後のVerUPにより最大受信チャンネルが変更になる場合があります

よくある質問

Q

遅延はどのくらいありますか?

A

0.6秒から設定できます。

Q

携帯回線が圏外になった場合どのようになりますか?

A

圏外になった場合映像ラストフレームで保持します。
携帯電話圏内になったタイミングで回線の再接続を行い自動で配信を開始します。

Q

送信機側から複数のサーバに同時配信はできますか?

A

同時配信はできません、1対1通信になります。
オプションでマルチポイント・インターポイント機能に対応しています。

Q

携帯回線は何回線まで使用することができますか?

A

USBポート×8、有線LANポート×2。内蔵Wi-Fi×1(対応予定)の11回線使用できます。

Q

インターネット配信はできますか?

A

Ustream、YouTube、Brightcove、ニコニコ生放送等に直接配信することが可能です。

Q

どのようなデータ通信カードが使用できますか?

A

docomo、au、softbank、Y!mobile等に対応しています。

Q

受信サーバ側の回線は何を用意すればいいですか?

A

受信側にはBフレッツクラスの回線が必要になります。

Q

有線LANは使用できますか?

A

2回線使用できます。

Q

製品デモを見たい

A

随時デモを行っております、詳細はお問合せください。