TOKYO MX 都議選の中継番組で複数のLiveUを活用

2017年8月30日(水)

三信電気株式会社

 

東京メトロポリタンテレビジョン株式会社(TOKYO MX)は、7月2日(日)に行われた都議会議員選挙の開票特番「選挙CROSS」において、高画質ライブ配信システム「LiveU」を利用し各開票センターや選挙事務所と中継を結び、リアルタイムに選挙の行方を追った。 LiveUは複数の携帯回線を束ねる(ボンディングする)ことで広帯域を確保しFull HDの映像を安定してリアルタイム配信することができる。選挙のように複数箇所からの配信が必要な場合、中継車や専用線の手配が不要なうえ、軽量なためカメラマンがLiveUを装備すれば一人で中継することができる。

 今回の中継では送信側に8本の携帯回線が使用可能な1.68kg(バッテリー含む)のLU500を2台と、4本の携帯回線が使用可能なLU200を4台の計6台のLiveU送信機が各開票センターや選挙事務所の中継に利用された。

 受信側は同社のLU2000サーバーを使用、6箇所からの配信をベースバンドに変換し生放送で使用した。

 「今回の都議選は国政にも大きな影響を与えると見られており、東京だけではなく全国から注目を集めていた。選挙の様子をできるだけ迅速に多面的に中継することで客観性の高い報道を行うことが当社の使命であり、LiveUの高い機動性は今回のように複数箇所を中継で結ぶには最適だった。携帯回線を利用する中継機器はいくつかあるが、日本の報道において最も実績が高く信頼できることからLiveUを選択した。」(TOKYO MX都議選報道チーム)

 

 

LiveU news

LU200 00

 

 

 

LU500について>

URLhttps://www.sanshin.co.jp/business/solution/vd/liveu/313-lu500.html

LU200について>

URLhttps://www.sanshin.co.jp/business/solution/vd/liveu/315-lu200.html

 

 

ソリューション営業本部 映像システム営業部 03-5484-7270