一体型チャンネルプレイアウト:Versio

チャンネル・イン・ボックス。放送局に共通する、グラフィック機能と送出オートメーションにおいて、VersioはグラフィックスとDVE、ミックスエフェクトを持ち、先進オートメーションとサーバとを組み合わせています。コンテンツ制作からアーカイブまで、驚きの映像表現と比類の無いメディア効果、先進のオートメーションシステムが組み合った総合送出ワークフローになります。
>>>Versioカタログダウンロード

特徴

  • 拡張性の高い一体型チャンネル送出ソリューション(オートメーション機能を内蔵)
  • 外部機器からのオートメーション制御も可能
  • 内部ストレージと外部ストレージの選択が可能
  • 先進のソフトウェア・コーデックを内蔵し、広範囲のフォーマットをサポート
  • 高品質でインパクトのあるマルチレイヤー・グラフィックの挿入、非圧縮グラフィックにも対応
  • 2D及び3Dグラフィックをサポート
  • オプションで2つの2D DVEにより、スクイーズ・バックやピクチャ・イン・ピクチャが可能
  • クリップ再生と同様、ライブイベント(入力は2系統)の制御が可能
  • ビデオのミックス・エフェクト、オーディオのチャンネル間ミックスやトラック間の入れ替えが可能
  • VTR、ルーティングスイッチャ、他社製グラフィックや字幕装置などの外部機器の制御可能
  • ファイルベースのインジェスト及びベースバンド収録をサポート

対応コーデック・ラッパー

対応コーデック・ラッパー

使用例

内部オートメーション + 内部ストレージ

内部オートメーション + 内部ストレージ

完全一体型Versio には、内蔵オートメーションコントロール、メディアストレージ、グラフィック・ロゴ挿入機能、クリップ送出機能があります。内蔵型システム全体を、他のシステムに直接依存することなく据付し管理できます。

外部オートメーション + 内部ストレージ

 

外部オートメーション + 内部ストレージ

 

Versioの外にオートメーションを移動することにより、中央集中管理が可能になり、既存システムと簡単に統合することが可能になります。シャーシごとの管理をしやすくするため、メディアストレージ、グラフィック・ロゴ挿入機能は引き続き内蔵されています。

内部オートメーション + 外部ストレージ

 

内部オートメーション + 外部ストレージ

 

共有ストレージと内蔵オートメーションを使用することにより、他のシステムに依存することなくチャンネルを制御でき、ファイルのコンテンツを内蔵ストレージにコピーする必要がありません。これは、複数の独立したチャンネルでメディアを共有する場合に最適です。

外部オートメーション + 外部ストレージ

 

外部オートメーション + 外部ストレージ

 

共有ストレージおよび外部オートメーションを使用するため、もっとも簡単にチャンネルを制御する方法です。

ソリューション営業本部 映像システム営業部 03-5484-7270