ADC™


ADC は番組送出マスタ用のデバイスコントローラサーバであり、ビデオサーバやVTR、キャラクタージェネレータ、ルーティングスイッチャ、マスターコントロールスイッチャなどの機器を制御することができます。制御するデバイス数により、4Uまたは2Uのハードウェアの選択が可能となっております。
>>>ADCカタログダウンロード

特徴

■信頼性と安定性

24時間365日の運用が可能な安定性や安全性を持ち、1980年台より世界中の放送局で運用実績のある信頼性の高いソフトウェアとデバイスコントロールを持った、オートメーションシステムです。世界中で3,000チャンネル以上のシステムが稼働しています。

■機器の制御

4Uシャシーでは最大64台のデバイスを、2Uシャシーでは最大32台のデバイスをRS-422によるフレーム単位での制御することが可能です。一部機器においてはTCP/IP(IPv6)での制御にも対応しています。また、GPI/Oによるコントロールにも対応しており、送出システム全体の制御を行うことが可能となっております。

■外部システムとの連携

上位スケジューラーや監視システム、As Run記録システムなどの外部システムとの連携がスムーズにおこなえます。Imagine CommunicationsのアセットマネージメントシステムNexio Motion、Nexio Insightと連携させたトータルシステムの構築も可能です。

 

各種クライアントアプリケーション

番組編成端末 『Air Client』

Air Clientはマスタ送出設備で使用する端末で、送出用トランスミッションリストを管理します。その他、番組進行状況の確認が可能です。
・デバイスサーバ制御機器の状態表示
・トランスミッションリストの表示とその作成、編集、進行状況確認
・トランスミッションリスト上の各種アラーム
・送出ログ/送出機器アラーム/システムアラーム表示

素材管理端末 『Media Client』

Media Clientは素材登録作業、確認作業など、素材の管理をします。
・ビデオサーバへの素材登録、録画素材のプレビュー
・ビデオサーバ内の素材検索

adc2
~日本国内オプションアプリケーション~

プレイリスト作成アプリケーション『Play List Fusionor』

Play List Fusionorは、プレイリスト作成に特化したアプリケーションです。
Air Clientを操作することなくプレイリストを作成することが可能のため、
オペレーションミスの軽減に繋がります

プレイリスト自動登録アプリケーション『Play List Manager』

Play List Managerは、作成されたプレイリストを自動的に任意の時間間隔で
Air Clientのトランスミッションリストにイベントを登録していきます。
自動で順次、トランスミッションリストにイベントが登録されるため、登録忘れなどの
オペレーションミスの軽減に繋がります。

統合アラーム監視アプリケーション『Alert Infomation Manager』

Alert Infomation Managerは、ADCを常時監視することことが可能であり、
アプリケーションやハードウェアのエラーを即座に検知します。
ADC以外の送出システム機器の監視も可能であり、システム全体のアラームを検知することが可能です。

ソリューション営業本部 映像システム営業部 03-5484-7270