サーバー仮想化

もはや当たり前となったサーバー仮想化。現在では仮想マシンの台数が物理サーバーベースの出荷台数を上回っています。このような環境の中、三信電気では「VMware vSphere」を基盤としたサーバー仮想化製品を、お客様に対して「予算」と「目的」に応じた仮想化インフラストラクチャを構築し、ニーズに応えるだけではなく、これまで培った仮想化インフラ構築実績のノウハウで、お客様がこれから直面される可能性のある課題を可視化し、解決方法をご提供致します。

ソリューション概要

  • 複数サーバーを運用しているお客様
    サーバー統合により、物理サーバーの導入/サーバー保守費用/運用管理の工数/ラックスペースや消費電力コストを削減します。
  • 止められないサーバーを運用しているお客様
    仮想マシンの移動や、可用性の向上も実現します。
  • サーバーのリプレイスをご検討しているお客様
    古いOSで稼動するシステムを作り変えることなく最新のサーバー上で動かせます。
  • サーバーバックアップ管理を簡易化したいお客様
    バックアップ/リストアが簡単になり、遠隔地へのDR対策もコストを抑えて実現できます。

 

事例紹介

A社では、基幹系及び情報系サーバー全てをvSphere5により仮想化し、vCenter及びNetAppストレージと連携したストレージ内部Backup、同一サイト内でのローカルBackup、SRM(Site Recovery Managerを使用した遠隔地でのDR環境を実現致しました。

サーバ仮想化

  • 仮想化されることで、物理サーバーの保守・運用も一本化されるためDRサイトの導入もコストを低く抑え、且つ障害復旧の計画・検証を容易に実現
  • サーバーのリソースを1つの物理サーバから複数の仮想サーバーに振り分けることが可能なため、リソースを効率よく利用可能
  • VMware vCenter Site Recovery Managerを採用し、リカバリサイトとして用意されたDCに仮想サーバーのバックアップデータを遠隔でバックアップすることでDRシステムの構築が可能。
  • 事業継続性の視点からも信頼性の高いシステムを構築。

 サーバ仮想化

 

 

info2