エージェントレス型セキュリティ

仮想化による集約は、これまでの物理環境では問題とならなかった課題を孕んでいます。最も顕著な例のひとつとして、AVストーム(ウイルス検索、パターンファイルアップデートの集中によるCPU使用率増大)によるバースト型負荷が、集約台数に比例してしまうことが挙げられます。また、負荷やエージェントインストールそのものを避けるために、ウイルス対策自体を見送ってしまうケースも少なからず存在します。
三信電気は、エンドポイントのセキュリティを確保しつつも、エージェントソフトインストールが不要で、各仮想マシンのリソース消費を抑止し、仮想マシン集約率の向上が可能となるエージェントレス型セキュリティ対策製品「Trend Micro Deep SecurityTM」をご提案いたします。

概要

ハードウェア性能の目覚しい進化を背景に、仮想化基盤集約によるサーバ/クライアント導入時のコストパフォーマンス向上の実現は、業種・規模を問わないスタンダードな選択肢となりました。
これに対し、仮想マシンのセキュリティ対策を従来の手法そのままに導入され、結果的に仮想化メリットを充分に受容できないケースが散見されます。
三信電気では、これまで培った仮想化インフラ構築実績のノウハウで信頼性の担保はもとより、ROIの最適化を念頭においた仮想化セキュリティ環境をご提供致します。

事例紹介

A社では、これまで物理PCのみで構成されていたクライアント環境を仮想化デスクトップに集約をすることで、VDI環境にシステム環境を一新。1台のサーバに対して、多くの仮想デスクトップ環境が集約されており
このまま運用するとAVストームが発生する可能性が課題として残る。

比較

サーバ上の仮想環境で、同時にウイルスチェックやパターン更新が実行されると、サーバのパフォーマンスが一気に低下し、仮想環境が停止または、不安定な状態に・・・。

arrow

 

エージェントレス事例

仮想化環境のウイルス対策をエージェントレス型で導入することにより、仮想化のROIメリットを損なわずにセキュアな環境を構築出来ました。仮想化インフラ導入検討当時の目標集約率30:1を超えてもなお、余力を残しています。

 

 

info2