UCマイグレーション

三信電気の「UCマイグレーション」ソリューションは、今までお使いのPBX(構内交換機)やボタン電話の更新を検討される中、単純な装置の置換えではなく、今までの電話文化を継承しながら、将来の「ワークスタイルの変革」に対応するべくMicrosoft Skype for Business(SfBと呼ぶ:旧Lync)を利用し、無理なく社内のコミュニケーション手段を「UC(ユニファイドコミュニケーション)化」していくソリューションです。

 UCマイグレーション

 Microsoft Skype for Business(SfB)は、それ自身がソフトウェア型IP-PBX機能を装備。専用のSfB Gatewayを利用することで、既設PBXと連動。既設のハードウェア資産を有効活用できるSkype for Businessの電話ソリューションをご提供いたします。

 

UCマイグレーションの導入へのステップ

企業内コミュニケーションの課題解決が期待されるMicrosoft社のSkype for Businessを利用し、どの様に導入を進めていくべきでしょうか?
スムーズに導入し、その機能を最大限に活かす為には、以下の様な「5つのステップ」が必要となります。

UCマイグレーションステップ

 

一般的なPBX機能との対比

UC8

 

UC9

 

 

UC10

  

 

 

 

info2