SSL-VPN

スマートフォンやタブレットの普及、ワークスタイルの変化などで、社外から社内ネットワークへアクセス可能な環境を整えることは、もはや企業にとって当たり前となりました。
その中でも、SSL-VPN技術は最もスタンダードなアクセス方法として普及しています。
三信電気では、これまで多くの社内ネットワークへの接続環境の構築を手がけておりお客様の課題に合わせ、信頼性のあるリモートアクセス環境をご提供致します。

概要

SSL-VPNはWWWの暗号化などで標準的に用いられているSSLで仮想回線を構築する技術であり、サーバー側にはSSL-VPN装置が必要ですが、一般的にクライアント側には特殊なアプリケーションのインストールは必要ありません。
主要なWebブラウザやメールソフトはHTTPSやPOP over SSLに対応しているため、イントラネットのWeb閲覧やメールの送受信などに利用可能です。また、SSL-VPN機器である「Juniper MAGシリーズ」ではネットワークコネクト機能を利用することで、アプリケーションを問わず社内と同じようにネットワーク利用が可能です。

SSL-VPN概要図

暗号化されない通信

暗号化されない通信

暗号化をしない通信で社内ネットワークへのアクセスが許可されると情報漏洩やデータの改ざん、不正侵入などのセキュリティリスクが発生します。

SSL-VPN環境の構築後

SSL-VPN環境の構築後

SSL暗号化による通信で、ネットワーク上にVPNのトンネルを構築し通信は、外部から秘匿された状態で行われます。
第三者による不正侵入や改ざん等の危険性を排除し、安全が確保されているため、社内ネットワークへの接続を行うことが出来ます。

事例紹介

A社では、Juniper MAG2600シリーズを導入し、ホストチェック機能、およびネットワークコネクト機能を利用して社内と変わらない操作性を実現いたしました。

事例紹介

 

 

info2