.com/Face

comface .com/Faceは小規模~大規模のCTI業務まで対応できるフルカスタマイズ可能なCTIアプリケーションパッケージです。 CTIが普及しているコールセンターだけでなく、専門オペレータを持たない一般オフィスの電話受付業務も効率化する最適なシステムです。営業部門の受発注業務や保守サポート部門の受付業務等、日常の電話受付業務で「負担軽減」、「業務の効率化」、「顧客満足度の向上」を実現できるシステムを構築する事が可能です。

com/Face イメージ

.com/Face特長

顧客情報画面ポップアップcom face01

発信者番号の通知により、スクリーンに顧客情報をポップアップで表示します。

com face02

応対履歴機能

顧客からの電話応対の履歴情報は、全てデータベース上に履歴情報として登録されています。

com face03

電話帳・内線情報機能

電話帳機能を利用して、プレビューダイヤルから発信することが可能です。
内線情報では、各オペレーターステータスの表示と通話のエスカレーション(交代)機能を有します。

com face04

外部アプリケーション連携機能 (オプション)

基幹システムがオープン系の場合、顧客を特定した状態で外部アプリケーションを起動する事が可能です。

重複電話番号選択機能

1つの電話番号が複数の顧客に紐づく場合、掛けてきた人に紐付けてどこからの電話なのかを選択して登録することが可能です。

管理帳票出力

問合せ・担当者の対応状況を集計する機能です。

複数番号登録機能

発信専用番号、携帯電話番号を登録し、検索のヒット率をあげます。

.com/Face導入効果

kouka1 顧客管理の徹底とサービスレベルの向上により、顧客離れを未然に防ぐことができます。お客様の負担も軽減し、お客様から見て必要不可欠な存在となります。
kouka2 応対履歴管理・電話応対者のリソース管理を実践することにより、応対レベルの品質を向上させてクレーム防止や電話応対者のモチベーションを図ることが可能になります。
kouka3 通信経費削減だけがコストダウンのターゲットとなる訳ではございません。顧客コンタクト部分の効率化を行うことでコストを削減しながらCS向上を具現化します。
kouka4 CTI機能を利用することで、イージーミスを完全撲滅した形での応対スピードアップが時間経費削減・あふれ呼救済による機会損失低減・待ち時間のイライラ防止等の効果をもたらします。

.com/Faceプラットフォーム構成例

com/Faceプラットフォーム構成例

.com/Face基本機能一覧

①電話/交換機制御

  • モニタリング
  • エマジェンシーコール
  • 通話割り込み
  • 離席対応
  • 着信拒否
  • 内外線発信
  • 内外線着信
  • 転送
  • 保留
  • 着信拒否
  • 離籍

②応対業務

  • 顧客情報画面ポップアップ表示
  • 顧客情報画面転送(エスカレーション)
  • 発着信履歴表示
  • 用件・対応状況登録・参照(応対メモ)
  • 複数連絡先登録
  • 重複電話先登録
  • 顧客検索
  • 内線情報
  • 応対履歴照会
  • 電話帳
  • 重複電話選択機能
  • 複数番号登録機能
  • 子番号管理
  • メール受付(※)
  • メール報告(※)
  • メール履歴連携(※)

(※)リリース予定

③管理者メンテナンス業務

  • オペレータ情報の登録
  • 内線番号設定
  • 取引先電話情報(代表番号以外)の登録
  • 応対区分情報の登録
  • 取引先情報の登録
  • 管理帳票出力
  • 報告用定型フォーマット出力
  • 内線番号

④外部装置連携(オプション機能)

  • 統計管理装置
  • 音声応答装置(IVR)
  • 通話録音装置 等

⑤外部アプリケーション連携(オプション機能)

  • exeキックによる起動
  • ActiveX連携
  • DB連携(規定フォーマットのCSVファイルインポート)等

⑥アウトバウンド機能(オプション機能)

  • プレビューダイヤル(架電リスト表示)
  • プレディクティブダイヤラー

info